ポイ3つの基本要素

ポイの最も大切な3つの要素、『面』『回転方向』『リズム』について、それぞれの種類と名称を見ていきましょう!

ポイ体操基礎 基本の名称でも解説しているので合わせてご覧ください。

1: 面 Plane

ホリゾンタル面

ホリゾンタル面

水平にポイをまわすときの面をホリゾンタル面と呼びます。Horizontal は水平な、という意味です。

手を上に向けて回す面をトップ面。下に向けて回す面をボトム面と呼びます。

回転方向の呼び方

時計回し・反時計回し / Clockwise, Counter Clockwise *上空から地面を見た際の回転方向
内回し・外回し / Inwards, Backwards

ウォール面

ウォール面

体の前後でポイが回転して描く平行な面です。Wallはそのまま壁の意味ですが、なぜか前後の面をカベと呼んでいます。
正面をフロントウォール面(またはフロント面)、背中側をバックウォール面(またはバック面)と呼びます。

回転方向の呼び方

時計回し・反時計回し / Clockwise, Counter Clockwise
内回し・外回し / Inwards, Backwards

サイド面(ウィール面)

サイド面(ウィール面)

体の左右でポイが回転して描く平行な面のです。
ウィールとは、英語で「車輪」という意味でポイの回転を車輪に見立ててそう呼ぶこともあります。

回転方向の呼び方

前まわし・後ろ回し / Forwards Swing, Backwards Swing
*forwardsと副詞的に使用する~wardにはsを付けたほうがイギリス英語では一般的なようです。

その他の面

バズソー面

左右の手を向き合わせて回すバズソーをするときにできる回転面で、サイド面、ホリゾンタル面にそれぞれあります。
サイド面は左右の面の真ん中の面、ホリゾンタル面は上下の真ん中の面が存在します。

ダイアゴナル面

サイド面が45度傾いてクロスした状態の面です。

他の面に比べて45度という角度を保つのは難しいのであまり一般的には使用されていません。

2: 回転方向の組み合わせ Directions

セイム回転

左右のポイが同じ方向に回転するときの呼び方。

オポジット回転(バタフライ回転)

左右のポイが逆方向に回転するときの呼び方。Opposite Direction ( Butterfly )

オポジット回転の代表技として最も有名な「バタフライ」、をそのまま回転方向の名称として使用することも多いです。

3: リズム Rhythm

スプリットタイム

スプリットタイム

片方のポイが上を通るとき、もう片方のポイが下を通るリズムをスプリットタイムと呼びます。
左右のポイが180度ずつずれて回転している状態です。

セイムタイム

セイムタイム

左右のポイが同時に最上部、最下部を通過するリズムで回転するときセイムタイムといいます。

別名トゥギャザータイム。これは回転方向とリズムの組み合わせでポイの動きを表記するときに Same Time と Same Directionがそれぞれ Sameで混合する場合があるので、トゥギャザータイム Togとして見やすくしている理由もあるようです。
例 Tog / Same Anti Spin Flower = Same / Same Anti Spin Flower (セイムタイムセイム回転アンチスピンフラワー = クローバー)

こちらの記事も閲覧されています

さあ一緒にポイを回そう!

初めてポイを回す方にお勧めのレッスン。順番に練習してポイの基本をマスターしよう!

更新日: