スレッドザニードル TTN アウトワード

初級

共有

vimeoで購入するとダウンロード可能です。

vimeoでしか見れない、限定販売の動画もあるので是非vimeoのページをご覧になって見てみてください!

vimeoで詳細を見る。
プロモーションコード

20% OFF

※vimeoのページで上記プロモーションコードを入力すると割引が適用されます。



概要

バタフライ系のコンビネーションに必要なテクニック、スレッドザニードル。日本語で針の糸通しと呼ばれるこの動きはその名の通りポイの回転の隙間を縫うような動きです。
最初はとても難しいですが一度できる様になると本物の針の糸通しよりも断然簡単です。

やり方

片手ずつで見てみましょう

  1. ポイが一番上、時計で言うと12時を通過したあと、ポイを持っていない側の手が前に出ます。
  2. 再び12時を通過したあと、6時に来る前に腕を引いています。
  3. また12時の位置をポイが通過したらすぐに腕を前に出します。
  4. これを繰り返します。

この動きを片手ずつ練習して、タイミングを覚えましょう

次に両手でポイをもちバタフライを行います。

  1. 上にあるほうの手に注目します。
  2. ポイが12時の位置を通過したあと前に出し、次にポイが12時を通過したら反対の手を前に出します。
  3. これを繰り返します。

ヒント

よくある失敗例。
あまり早く腕を動かすとポイが絡まってしまいます。

手を前後させるタイミングは実はそんなに早くありません。慌てず、ゆっくりと、ギリギリまで待ってから動き出しても大丈夫です。

スレッドザニードルの動きを理解するもうひとつの方法。
うでまわしの体操を左右の手の位置を交互に入れ替えて行うと、スレッドザニードルと同じ動きになります。腕で描く円を少しずつ小さくしていき、ポイを持つとスレッドザニードルになります。
参考にしてみてください。

2010年ナランハポイスクール

レッスン後の復習動画

コメント