3ビートウィーブ フォワード

編集

必要なスキル

交差 2 ビートウィーブ

概要

Poiといえばこの動き!3ビートウィーブです。単に「ウィーブ」という場合この3ビートウィーブをさすことが多いです。
左右でpoiが3回転ずつ回るので「3ビート」ウィーブと呼びます。

3ビートウィーブ、できるようになるまでとても自分にはできない!と思えるくらい難しいですが、一旦できると身体が自然にpoiを回し始めます。3ビートウィーブがつながっていくときがこの先なが~いポイ人生の中でもっとも気持ちの良い瞬間かもしれません。

やり方

Step 1 リズムを覚える

片手でポイをもち、リズムを覚えます。

  1. 交差、交差、戻す、(交差した側で2回転、もとの位置で一回転)あわせて三回転、スリービートです。
  2. 慣れてきたらポイを持っていないほうの腕を前に出し、上、下、戻す、上、下、戻す。 この動きがスムーズに出来るまで練習しましょう。
  3. 反対の腕でも同じように練習します。

Step.2

左右とも練習したらこれをあわせて3ビートウィーブにしていきます。

  1. 両手でPOIをもち、まず2ビートウィーブを行います。
  2. 2ビートウィーブで上になっているほうの手に注目すると、上、戻す。上、戻す。というリズムで回転しています。この上、と戻すの間に下を入れてあげましょう。
  3. そうすると腕の上下が入れ替わった状態の2ビートウィーブになります。
  4. 今度は反対側の腕が上、戻す、というリズムになっているので同様に下、を間に挟んであげます。
  5. 腕を入れ替えられるようになったら、これを繰り返します。交互に腕を上に重ねていくような感覚で回し続けると3ビートウィーブになります。?

? Step 1.5 ? 3ビートウィーブ半分の練習

最近追加した練習方法です。これをStep1とStep2の間に行うと良いかもしれません。
両手でポイをもち、3ビートウィーブ動きを半分に分けて練習をします。

  1. 右手のポイを先に交差させ、左手の下にもぐりこませます。
  2. 左手のポイが右腕の上から交差し、1回転、その後戻ってくる右手の下で一回点し、再び右手が交差したあと、左手のポイがついてもどり、その後腕を開きます。
  3. これを繰り返し練習します。
  4. 反対に、左手のポイを先に交差させ右腕の下にもぐりこませ、右手のポイが上→下→もどるという流れの練習をします。

ヒント

3ビートウィーブのコツがつかめない場合は、しばらく映像を見続けましょう。
正しい形をしっかり目に焼き付けます。
ポイはイメージすることが大切です、分からなくなったら何度も映像を繰り返して再生しましょう。