スプリットタイム

編集

概要

ここまでは左右のPOIを同時に回していましたが、この左右のPOIが同時に回転するリズムをセイムタイム、またはトゥギャザータイムと呼びます。
セイムタイムから180度ずらして、ポイが回るリズムを「スプリットタイム」と呼びます。

綺麗にスプリットタイムのリズムをとることができるようになると、POIがまるで1本の棒であるかのように見えます。

やり方

前回しのスプリットタイム

走るときのように左右交互にポイを動かします。
POIが下に来るときに1,2、1,2とリズムを取りながら回しましょう。
腕だけではなく、体全体でリズムを取ると感覚が掴みやすいかもしれません。
リズムを保ちつつ、POIをまっすぐ、平行に回すように心がけましょう。

後ろ回しのスプリットタイム

下からすくい上げるようにして回すと軌道が安定します。
リズムを取りながら左右交互に回します。
リズム、そして平行に回すことを気をつけましょう

ヒント

慣れてきたらいろいろなスピード、場所で回す練習をしましょう。