2 ビートウィーブ

編集

必要なスキル

スプリットタイム 交差

概要

交差の動きをスプリットタイムで行うととても美しく、かっこいい動きになります。
この動きは"ウィーブ"と呼ばれ、左右でそれぞれ2回ずつ回転しているので2ビートウィーブと呼ばれます。

この動きをスムーズに習得するために、「手の返し方」のレッスンを必ず先に見てください。

やり方

2ビートウィーブ 前回し

スプリットタイムでポイを回します。

左手のPOIを先に動かし、右腕のしたにもぐりこませます。
右手のPOIは左腕の上にかぶせるように交差し、その後両手を開き元の位置に戻ります。

これをしばらく繰り返しましょう。
慣れてきたら一連の動作をつなげて繰り返すと2ビートウィーブの完成です。

2ビートウィーブ 後ろ回し

左手のPOIを先に動かし、右腕の上にかぶせます。
右手のPOIは左腕の下からすくいあげるようにして交差し、その後両手を開きもとの位置に戻ります。

しばらく繰り返しましょう
この動きを繰り返して行うと2ビートウィーブになります。
反対に右手を先に動かして、右腕が左腕の上に来る2ビートウィーブも練習しましょう。

ヒント

片手だけポイの動きを見ると、常に反対の腕の上、または下で交差しています。
これは手の返し方で練習した動きです。2ビートがうまく出来ない場合はもう一度片手で練習をしましょう。